骨に埋まっているねじ状の部分

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。

人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方もまだまだ多いのです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。

全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始はあきらめなくて良くなりました。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。

ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

http://xn--pcmax-3h1h776ge45bflycq3ac30h.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です