見込みは非常に高い

しょっちゅう同じ電話番号から電話が掛かってきていたりその電話番号に掛けていたりしたら浮気相手と連絡をとっているという見込みは非常に高いと言えます。

そうしたらその電話番号の相手が誰かということを見つけ出せばいいのです。

そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後にはしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。

尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、少ない費用になります。

というわけで、尾行依頼を探偵にする時には、パートナーの日常の行動を調べておくことが重要です。

そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、お互いにとってメリットがあります。

実際、もう離婚になってもいい、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。

しかし、単独で行くのは、さらに揉める可能性が高いので、避けるのが賢明です。

信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。

貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を要求しようとするのなら、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、不倫関係が継続している事を、形として見せられなければなりません。

その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を鮮明に写しだしてくれるでしょうし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を貴方の手に届けて貰えるでしょう。

浮気調査を探偵事務所に成功報酬でお願いすれば得をするかと言えばそうでない場合にも遭遇します。

条件が成功報酬であれば結果として不成功となった場合、料金の支払いをしなくてよいので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。

だから、探偵事務所の中でも成功報酬を採用している所に絞って、利用したいと思っている人もいるのです。

浮気の調査をするときには、何人の調査員が必要なのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、多くの場合、2人程度で調査しています。

ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、まず調査員が1人で浮気であるかどうかを調査をすることがよくあります。

浮気が明るみに出てきたのなら、再度、調査員の数などの詳細を決めていきます。

探偵の浮気調査の場合でも失敗する場合があるでしょう。

探偵が浮気調査に精通しているといっても、成功しないことがありえます。

尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行に気づくこともあるでしょう。

また、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には尻尾を掴みようがないです。

奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでとんでもない修羅場になってしまうのは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。

夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、傷害・殺人まで起きるというシナリオもよくありますね。

配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのもあっていいやり方でしょう。

離婚まで覚悟しているならば、やってみる手もあるでしょう。

http://xn--pcmax-9n1hy3ue1pytke81bx0w.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です